電動歯ブラシと歯磨き粉~使用の有無と選び方について~

電動歯ブラシには、自分で歯磨きをするよりも汚れを落としやすいメリットがあります。

ところで、電動歯ブラシを使用する際は歯磨き粉を使用した方が良いのでしょうか?

振動している分、歯磨き粉がなくても良いと思ってしまいます。

ここでは、電動歯ブラシと歯磨き粉の使用についてお伝えします。

電動歯ブラシでも歯磨き粉は使用すべき

電動歯ブラシに関わらず、手で歯磨きをする場合でも、汚れを落とすためにはしっかりとしたブラッシングが必要になります。

そうなると、電動で磨いている分、歯磨き粉を使用しなくても歯磨きができていると思ってしまいます。

ですが、電動歯ブラシであっても、歯磨き粉はきちんと使用すべきです。

なぜなら、歯周病や虫歯、着色汚れを落とすにはブラッシングだけでは足りないからです。

確かに、歯垢等の汚れを落とすことはできますが、電動歯ブラシのみで予防をすることはできません。

歯磨き粉に含まれている成分の力を借りることで、電動歯ブラシの効果を発揮することができるのです。

よって、電動歯ブラシのブラッシングのみで予防ができていると考えるのは間違いです。

電動歯ブラシに向いている歯磨き粉

電動歯ブラシを使用する際に向いている歯磨き粉は、発泡剤が含まれていないものになります。

発泡剤が含まれていると、磨きながら泡立ってしまい、きちんと磨けているか判断できません。

さらに、電動歯ブラシを使用すると泡立ちがさらに良くなりますから、時間をかけて磨くことが難しくなることもあります。

そのため、発泡剤を使用していない歯磨き粉を選んだ方が、ブラッシングに時間をかけれますし、磨けているかどうかの判断もしやすくなります。

電動歯ブラシと研磨剤入り歯磨き粉の相性から

また、電動歯ブラシを使用する際、研磨剤入りの歯磨き粉の使用は避けた方が良いです。

なぜなら、振動が多い分、研磨剤入りの歯磨き粉で磨いてしまうと、歯を傷つけてしまう恐れがあるからです。

これは、電動歯ブラシならではの特徴になりますから覚えておきましょう。

近年、歯磨き粉の種類は豊富になり、使用目的に応じて選ぶことができるようになりました。

しかし、種類が豊富な分、知らないうちに電動歯ブラシと相性の悪い歯磨き粉を使用してしまっていることもあり得ます。

初めて電動歯ブラシを使用する患者様は、現在使用している歯磨き粉を使用しても問題ないかどうか、歯科クリニックで確認してもらうようにしましょう。

この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・電動歯ブラシでケアする場合も、歯磨き粉は使用すべき

・電動歯ブラシを使用する際は、発泡剤は含まれていない歯磨き粉を使用しよう

・振動している分、研磨剤入りの歯磨き粉だと歯を傷つけてしまう恐れがある

・使用目的に応じて、電動歯ブラシに合った歯磨き粉を選ぼう

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう。

東京都練馬区光が丘(土支田)で歯科(歯医者さん)をお探しの際には、是非、土支田ファミリー歯科にご連絡ください!患者様には、治療内容をアニメーション動画で分かりやすく説明し、納得頂ける治療をさせて頂きます。
タイトルとURLをコピーしました